もちどらどっとこむ

24歳で株に手を出して29歳で脱サラした30歳子持ち元マンデベ社員が不動産やマネーのお得な話や仕事や副業について語る読むマネー系ブログ

LGBTというかゲイが気持ち悪いという本音(まぁ大して興味もないけど)

time 2019/02/12

昨今LGBTの認知度が急上昇している。

ADSLだっけ?VDSLだっけ?HDADだっけ?

と、よくわからなくなったりするがLGBT。

そしてLGBTに配慮しないと叩かれる風潮。

でもね。異性間恋愛を指向する大多数の普通の男のうちの一人である私(以下「普通の男」という)から見てゲイは気持ち悪いと思う。

sponsored link

amazonコインを知らない人は損しているかも



モッピー!お金がたまるポイントサイト

LGBTって一緒くたにしすぎ。

カッコよく頭文字をとってLGBTと言っているけど
まず、
Lレズ
Gゲイ
Bバイ
という性的指向と
Tトランスジェンダー
という性自認は別物。

性的少数者というくくりを都合よく利用しすぎ。

Tは精神的なモノなのでここでは除外。

なお、LGBの性的指向と、SM、ロリ等の性的嗜好は別物らしい。

あと、流行に乗ってファッション感覚で性的少数者を自称するミーハーな人たちもいる。

なんでひとまとめになってんの?意味不明。

Lレズはどうでもいい

普通の男から見て、Lレズはどうでもいい。

日常生活で絡まないので、本人たちが好きでやっているならそれでいいんじゃない?と言う感じ。

好きになった女の子が実はレズだったらショックだが、「他に好きな人がいるの」と普通に振られるのと大差ないから、あまり変わらない。

また、男的には女は可愛い、きれいなものだというイメージがあるため、女同士で絡み合っていても、興奮こそすれ、別に嫌悪感は覚えない。

そういう企画ものもあるしね。

Gゲイは気持ち悪い

おっさん同士と言うのが気持ち悪い

普通の男からして、Gゲイは想像すると気持ち悪い。

まず、絵的にキツイ。美男同士の絡み合いでさえ気持ち悪いのに、ひげやすね毛や腋毛の生えたおっさん同士が絡み合っていると考えただけで吐き気がする。

オエーっという感じ。

戦国時代の男色も少年を対象にしていることが常(信長と犬千代(前田利家)、家康と万千代(井伊直政))だったから、ひげやすね毛や腋毛の生えたおっさん同士というのは気持ち悪い。

職場で「あ、コイツら出来てるな」という男女を見るのでさえ不快感を伴うのだから、おっさん同士はもっと厳しいものがある。

ま、しかし、別段他人に興味ないので、よほど目の前でいちゃつかれない限りはどうでもいい。

ゲイのターゲットにされているかと思うと気持ち悪い

男は基本的に狩る側なので、日々アンテナを張って女を物色している。

女は物色される側なので、おそらくは物色されることに慣れているのだと思うが、男は物色されることになれていない。

狩られる側の立場に立ったことが無いので、実は身近にゲイが居ると思うとパニック状態に陥る。

おそらく、女がレズに驚くより、男がゲイに驚く方がパニックの度合いとして高いと思う。

自分が狙われていることに対する本能的な防衛的拒絶感を覚えるだろう。

特に、男女間の身体的格差から、男が女に暴力を伴って襲われることはおそらくまれ(女のほうが力が弱いから)であるが、男から襲われる可能性はあるし、相手のほうがガタイが良かったら防ぎきれないことも十分考えられる。

これが一番気持ち悪い。

仮面ライダージオウのウール君のようなゲイなら軽く追い払えるが、スウォルツみないなゲイに迫られたら多分物理的に逃げられない。

ただし、「おれはゲイだ。しかし安心してくれ。お前はおれのタイプじゃない。全然タイプじゃないから、おれがゲイで、お前が男だったとしても、大丈夫だ!まったく襲うつもりも、狙うつもりもない!」といって呉れれば、安心。

まぁならカミングアウトすんなよと思うけど。

HIVの7割がゲイ

2008年のデータでは、HIV感染者の7割が、男性の同性間感染。

そしてHIVは治らない絶望的な病気というイメージが支配的。

ゲイはHIVである、と言うつもりはないが、HIVの9割が男であり、男の7割が同性間感染である以上、粘膜接触をしなければ大丈夫とは頭で理解しつつも、ゲイから距離は置きたい。

仲良く正体を失うまで飲んで、朝気づいたらゲイとベッドに居てHIVうつされた的な状況は避けたい。自分が健康的に生存するために。

ゲイには近寄らないことが賢明だ。

ゲイに何かされるとトラウマになる

普通の男がゲイに何かされるとトラウマになる。

ドントタッチですよ。

LGBTに理解あるアタシ!的な人々がイタイ

LGBTに理解あるアタシ!的な人々が最近多いが、見ていてイタイ。

自分の知名度を上げるための材料にしているような気がしてならない。

まずLとGとBとTは違うし、その中でもそれぞれ個性も違う。中国人に良いやつも悪いやつもいるのと一緒で、自分の身近なLやGやBやTのごく少数のサンプルをもってして、あいつらは良いやつ、と結論付けるのは短絡的だし、押し付けられても困る。

別に普通の男としては、「こちらに迷惑かけないなら好きにしていていいよ」と言うだけだ。

LGBTだけではなく、ほかの誰に対しても、基本的には「こちらに迷惑かけないなら好きにしていいよ」というスタンス。

それが他人を尊重するという事であり、平等ということでしょう。

少数派なら何をしても許されるわけじゃないよ。

LGBTぶってる中二病的なニセモノが多い

LGBTぶってるニセモノが多い。

ファッション感覚でLGBTを名乗る中二病的な。

オッドアイに憧れたり、ハーフやクオーターに憧れたりするイタイ連中が、LGBT気取って少数派ぶってるのが気持ち悪い。

本物のLGBT達は、こういう似非LGBTを徹底的に排除すべきだと思う。

イメージ悪くなるから。

ゲイに突然カミングアウトされても困る

「俺、実はゲイでお前の事好きなんだ」

と突然告白されても困る。

そもそも告白は、男女間でも清水の舞台から飛び降りる行為だ。

成功すれば交際できるし、失敗すれば気まずくなり、交友関係さえ危うくなる。

言いふらされてクラス中に広がるリスクもある。

別にゲイだけではない。

ゲイだけではないが、ゲイの告白の成功確率は低いだろう。

なぜならゲイ自体が少数派だから、告白される側もゲイである可能性は著しく低い。普通の男は女が好きで、男は対象外だ。

そして、勝手に告白してきて撃沈したからと言って、「あの件は黙ってて。」は通じない。

そんなもの、小中高で告白したことがあればわかるはずだ。

こちらが聞いてもいないのに、勝手に伝達・告白・アウティングしておきながら、こちらにだけ守秘義務を負わせるという不平等な要求をしてくる方がどうかしている。

信じていた友人が実は自分のことを性的な目で見ていたなんて知ればこちらの悩み事になるし、誰かに相談したくもなる。

人の口に戸は立てられない。

秘密にしたいなら自分が黙っておくしかない。

自分都合で一方的に伝えるのは思いやり、配慮に欠けた行為だろう。

普通の男としては狙われている拒否感、嫌悪感から、友人としては距離を置くだろう。

ゲイはリストバンドとか付けていればアウティングは防げる

昔、所さんとたけしが出ている番組か何かで、
外国で地下鉄に乗る客がワッペンをつけるのがあった。

意味は、恋人募集中 だそうで、
そのワッペンを付けていれば電車内や
駅構内でナンパOKという意味だったそうだ。

そんな仕組みをゲイも取り入れれれば、
例えばこのリストバンドを付けていれば
「僕はゲイからの告白もオッケーですよ」
という合図になって、ゲイもリスクが減り告白しやすくなる。

LGBTに理解あるアタシ!的な人は、ぜひこういうのを作って
身に着ければいいと思う。

いい商売になるかもしれない。

ゲイに差別意識はない

ゲイに対して、差別意識はない。

ゲイを見かけたら理由もなく蹴飛ばすとか、ゲイには選挙権を認めないとか、ゲイだけ税金を上げるとか、ゲイがお店に来ても商品を売らないとか、ゲイがバスや電車で座っていたら胸倉を掴んで引きずりおろすとか、そういう気はさらさらない。

なんなら、新宿二丁目のゲイバー(店員がゲイの方)にも何度もいったことがあるし、普通にしゃべる。

バーのおっさんとも違うし、スナックのママとも違う、個性がある。

「僕に迷惑かけなければなんでもいいですよ」というところだ。

理解しようとも思わない(どうせ理解できない)し、理解してほしいとも思わない。

互いに迷惑かけなければいいと思う。

というか、迷惑かけなければどうでもいい。

実は正体は人間じゃないとか、河童でしたとか、妖怪でしたとかでも、なんでもいい。そこまで興味ない。

(ただし、過去から来た。未来から来た系は気になる)

バイはいいとこどりだがHIVに気をつけてほしい

バイは女とも男とも、と言う点でいいとこどりだ。

ただ、男性間でもらったHIVを女性に移すのは絶対にやめてほしい。

そうすると普通の女性から普通の男性へと広がって行ってしまう。

と言うわけで、LGBTもストレートも、他人に迷惑かけないようにしよう。

迷惑かけなければなんだっていいよ。

amazonコインを知らなくて損してるかも

最大12,500円!アプリの購入やアプリ内科金がいつでもおトク

sponsored link

down

コメントする




Amazonコインなら、アプリ、ゲーム、およびアプリ内課金が最大25%おトク




sponsored link

PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!