もちどらどっとこむ

24歳で株に手を出して29歳で脱サラした30歳子持ち元マンデベ社員が不動産やマネーのお得な話や仕事や副業について語る読むマネー系ブログ

サラリーマンを辞めて独立開業したらいくら稼げば成功なのか

time 2018/05/23

サラリーマンを辞めると、

給料が入らなくなります。

≫サラリーマンの給料は有難いし越えがたい壁

そして、自分で商品を作り

客を見つけ、商談し、契約させ

入金してもらって初めて

お金が手に入ります。

では、サラリーマンを辞めたら

いったいいくら稼げば成功と言えるのでしょうか。

sponsored link

Amazonコインなら、アプリ、ゲーム、およびアプリ内課金が最大25%おトク


月収30万円だったら、30万円稼げばいいわけではない

一番比較しやすいのは、

今までの月収です。

例えば、月収額面33万円。

手取り26万円だったとして、

自営・独立開業して月26万稼いでも

イコールではありません。

サラリーマンの手取り26万円の裏にあるもの

天引きされている税金・保険料

サラリーマンの手取り26万円の裏には

いろいろな天引きがあります。

サラリーマンは無意識のうちに

自分で負担しているのです。

所得税

住民税

健康保険料

年金保険料

もちろんこれらを自営・独立開業は

自分で負担する必要があります。

積み立てられているボーナス(賞与)

半年に1回支給されるボーナス(賞与)も

月給とは別に積み立てられていて、

半年ごとに支払われます。

自営・独立開業する場合は

ボーナス分も加味しないといけません。

ボーナスが年間100万円なら

毎月8万円は余計に稼ぐ必要があります。

積み立てられている退職金

サラリーマンには退職金があり

これも積み立てられています。

会社がつぶれたり、クビになったり

しなければ、退職時にもらえます。

自営・独立開業は自分で退職金を

用意しないといけません。

将来への備え・リスクヘッジ

サラリーマンの将来も実は安定していない

とはいえ、自営・独立開業は

そうとう安定していません。

40歳、50歳、60歳過ぎても

働けるか、という点に備えるためにも

若いうちに稼げるだけ稼いでおく

ことが重要です。

サラリーマンを辞めたら月収100万円を目指そう

もちろん、サラリーマンを辞めるには

・ストレスが軽減される

・くだらない作業から解放される

・時間的余裕ができる

などのメリットもあります。

が、金銭的な面では、

サラリーマンを辞めて

自営・独立開業するなら

月収100万円くらいにしないと

サラリーマンを辞めるリスクに合わない

と感じます。

スマホゲームに課金で最大12,500円損しているかも。まずはチェック!【モンスト・白猫・パズドラ】

最大12,500円!アプリの購入やアプリ内科金がいつでもおトク

sponsored link

down

コメントする




Amazonコインなら、アプリ、ゲーム、およびアプリ内課金が最大25%おトク




sponsored link

PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!