もちどらどっとこむ

24歳で株に手を出して29歳で脱サラした30歳子持ち元マンデベ社員が不動産やマネーのお得な話や仕事や副業について語る読むマネー系ブログ

宝くじで6億当選!?使い道の注意点【もちどら的その日から読む本】

time 2018/02/26

宝くじ、当たりましたか?
最近は6億、7億が当たり前になりましたね。
超絶低確率(1/10,000,000)ですが、
もしかしたら今後当たるかもしれません。

当たった人もそうでない人も、
高額当選したときの
お金の使い道を考えておきましょう。

 

宝くじに高額当選(1000万円以上)すると
「その日から読む本」という冊子をもらえるそうです。
一夜にして億万長者になった人が
使い道を誤って道を踏み外さないための
メソッドが書いてあるそうですが
ここでは私なりのメソッドを紹介します。

sponsored link

Amazonコインなら、アプリ、ゲーム、およびアプリ内課金が最大25%おトク


高額当選は運が良かっただけ。実力ではない。勘違いしてはいけない

通帳に残高が6億円。
そんな人間ほとんどいません。
うまくいっている中小企業の社長くらいであり、
大企業の雇われ社長や幹部クラスでも、
貯金は1億円あればいいほうです。

大事なのは勘違いしないこと。

運よく6億円を手にしましたが、
中身は何の変哲もない一般人であることを
忘れてはいけません。

たぐいまれな能力を持つセレブリティ
ではありません。
スーパービジネスマンでもなければ
ハリウッドセレブでもプロ野球選手でもない
ただの超絶ラッキーな凡人です。

ここを勘違いすると、
収入以上に支出が大きくなってしまい、
どんなに貯金があってもいずれ底を着きます。

絶対周囲に高額当選したことを言ってはいけない

これは鉄則です。
親、兄弟、子供。
もっと言えば夫や妻。
内緒にしておきましょう。
友人知人はもってのほかです。
一人に言ったら最後。
トコトン拡散します。

1人で使えば6億円でも、
10人たかれば6千万円、
100人たかれば600万円です。
あっという間になくなります。

周囲からはカネの無心がたくさん来るし、
断ると「薄情者」として
逆恨みされます。

周囲はあなたの金は私のお金!
的に使いまくります。

わけのわからない事件に巻き込まれることもあります。
周囲に言った場合、あなたにとってのメリットはありません。

高額当選したら、まず、借金を返さないといけない

20代後半、30代にもなると、
おそらく借金があります。
キャッシングカードローンや
車やバイクのローン。
奨学金や住宅ローン。
借金と言っても、せいぜい数百万円。
住宅ローンでも数千万円です。
まずこれらの借金を返しましょう。
よほど経済センスがあり、
支払利息より運用利回りのほうが
上回るなら別ですが、
普通のサラリーマンなら
借金の返済が最優先です。
6億円もあれば借金返済なんてせいぜい
1~10%未満です。
最優先で負債を処理しましょう。

高額当選しても周囲に金をあげてはいけない

よく、親には1億。
兄弟に5千万円。
甥っ子やおじさんにはいくら。
などという人がいます。
感謝の分だけお金を渡す。
人がいい孝行者ですが、
経済的には致命的な悪手です。
他人(親兄弟も)に金を上げることを贈与と言い
贈与には贈与税という税金がかかります。

例えば母親に1億円プレゼントしたとしましょう。
すると、(1億-110万)×55%-400万=5,039万円
5,039万円の贈与税がかかります

初めから知っていればまだいいですが、
1億円を母親にプレゼントして、
母親がそのお金で1億円の豪邸を買い
翌年に税務署が贈与税5000万円払えと来た場合
母親は5000万円もの贈与税を払えません。
きっとあなたに払ってもらおうとするでしょう。
110万円を超える贈与は贈与税がかかります
から注意してください。
いきなりドカンと大金をあげるのではなく、
毎年100万円をあげるとか、
旅行に連れていくとかのほうが賢明です。

高額当選しても寄付なんてしてはいけない

寄付はやめましょう。
自滅行為です。
今まで高額の寄付をしていたのでもない限り
たまたま高額当選したら寄付をしたところで
何の功徳もありません。
おそらく、身の丈に合わない高額な金銭への
無意識な恐れかもしれませんが、
その当選金はすべてあなたのものです。
有効活用してください。
寄付して元の素寒貧に戻ったら何の意味もありません。

高額当選しても身の丈に合わない無駄遣いをしてはいけない

宝くじに夢を託す一般庶民が、
宝くじに当たったからと言って
無駄遣いをしてはダメです。

例えば、何億円もする豪邸を買うとか
ポルシェカイエン・ランボルギーニを買うとか
クルーザーを買うとか。

もちろん、6億円もあれば、
らくらく当選金で買えるでしょう。

でも、維持できません。

1億円でマイホームを買って、もう1億で別荘。
豪邸には固定資産税・都市計画税がかかります。

小規模宅地等の特例にかからないこと、
土地や建物そのものの価値が高いことから
かかる固定資産税・都市計画税は
庶民が住む戸建てやマンションの比ではありません。

1億円の不動産なんて買ったら、
毎年数百万単位で税金がかかります。
豪邸の維持のためだけに、普通のサラリーマンの
稼ぎが吹っ飛ぶレベルです。

何かを買うときは
イニシャルコストだけではなく、
ランニングコストも考えてから買いましょう。
豪邸・高級車・クルーザーは大金を
稼ぎ続ける金持ちのためのものです。
超絶ラッキーな一般庶民のものではありません。

カジノや宝くじをやってはいけない

一発当たったんだから、これを元手に!
というのはやめましょう。
一発当たっただけで超ラッキーです。
おそらく、一生分の運を使い果たしています。
たぶん、やればやるほど
1/10,000,000という幸運から
平均値へと落ちていきます。
勝ち逃げしましょう。

高額当選したら預金口座は決済用普通預金に切り替えるべし

ペイオフというものがあり、銀行が破綻した際
預金は1000万円+利息分までしか保証されません。
例えば、6億円の預金残高があっても、
銀行が破綻したら5億9千万円が吹っ飛ぶ
わけです。

これを避けるために、
預金口座を1000万円ずつ60口座作るのは
現実的ではありません。
60個も口座があったら管理が大変だし
相続の時にめちゃくちゃしんどいです。

利息は付かなくなりますが、
決済用普通預金に切り替えれば、
全額保護されます。

ちなみにメガバンクの利息は
普通預金で年0.001%です。
6億円預けていても、
利息は6千円です。

毎年の6千円の利息と、
5億9千万円吹っ飛ぶリスク
秤にかけてください。

高額当選したら計画的に使うべし

例えば今30歳で6億円が当たったなら
今後60年間生きるとして、
毎年1千万円使うことができます。
月額80万円です。
しかも、所得税・住民税がかかりませんから
年金と健康保険料だけ。
固定費は月額2万円くらいで済むので
ほぼ月額80万円まるまる使えます。
サラリーマンの月収80万円
(50歳部長クラス程度)は
手取り60万弱ですから、
部長クラスより上です。

少なくとも、
年収500万円の普通のサラリーマンの
手取り20万ちょっとの3~4倍の
お金を使うことができますから
計画的に使ってください。
それ以上使ってしまうと、
寿命が来る前に底をつきます。

高額当選しても会社を辞めるかどうかはよく考えて行うべし

宝くじ当たったら会社を辞める
という人が大半だと思いますが、
・当選金を使い切らない(計画的に使う)
・安定的な収入の道筋を作る
などして、会社からの給与が絶対に要らない
という確信が持てるまで、
辞職は控えたほうが良いです。
無駄遣いせず、計画的に当選金を使うなら、
会社を辞めても問題ないはずです。

高額当選したらインフレに備えるべし

今後60年を見据えた時に、
インフレが起きるリスクがあります。
要は、お金の価値が下がる
ということです。
例えば円の価値が1/10になったら、
牛丼1杯380円が、3,800円になる。
住宅価格が5千万だったのが5億になる。
つまり、
6億円の価値が6千万円の価値に落ちる。
もっとどぎついハイパーインフレでは
紙幣が紙くずになることもあります。
そうなっては困りますから、
高額当選した金額のうち、1/6~1/2程度は
・外貨に切り替える
・不動産を購入する
・株を保有する
・金(ゴールド)を買う
にしておくといいと思います。

逆にデフレに振れた場合は、
牛丼が38円になったり、
住宅価格が500万円になったりなど
現金が強くなるため
一部を現金のまま持っておけばよいと思います。

高額当選したら収入の道を作っておくべし

高額当選したお金は、日々減っていきます。
この上、仕事を辞めたらお金は減る一方です。
ですから収入の道を作っておくことも重要です。
たとえば
・不動産を買って、人に貸す
・株を買って配当金を得る
・債権を買って利回りを得る
高額当選金の一部を、例えば1億円でも
年利5%で運用できれば、
年間500万円の収入になります。

高額当選後の理想的な使い道

例えば、6億円が当選したとしたら、
1億円は株に投資し、年4%のリターンを得る(年間400万円)
自宅を購入し、安全な住処を得る(5000万円)
念のためゴールドを買っておく(5000万円)
残りの4億円を寿命で割り、計画的に使う
4億円÷60年=666万円/年間
そうすれば、仕事をしなくても安定して
わりかし裕福な人生を送れるでしょう。

株の配当と当選金の取り崩しだけで
年1000万円使える計算です。
ちょっとした海外旅行とか全然いけますよ。

高額当選するにはまずは宝くじを買ってから

とまぁいろいろ考えてみましたが、
当たらなければ絵に描いた餅です。
そして、当たり前ですがめったに当たりません。

しかし、買わないと当たらないので、
一口ずつ細々を買うのがいいかと思います。

totobigは基本毎週抽選がありますし、
最高6億円、たまに10億円です。
ネットで定期購入できますし、
当たるとシレっと口座に振り込まれています。
(高額当選券を持って銀行に出向くリスクを考えれば、とても安心できます)

当選券を持って銀行へ行く必要はありませんし、
周囲にバレるリスクも低いです。
毎週300円なら、安いものかもしれません。

まずはClub totoへ入会

宝くじ高額当選したけど使い道に悩んでいるなら相談ください。

スマホゲームに課金で最大12,500円損しているかも。まずはチェック!【モンスト・白猫・パズドラ】

最大12,500円!アプリの購入やアプリ内科金がいつでもおトク

sponsored link

down

コメントする




Amazonコインなら、アプリ、ゲーム、およびアプリ内課金が最大25%おトク




sponsored link

PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!