もちどらどっとこむ

24歳で株に手を出して29歳で脱サラした30歳子持ち元マンデベ社員が不動産やマネーのお得な話や仕事や副業について語る読むマネー系ブログ

会社を辞めてよかったこと・悪かったこと

time 2017/08/29

会社を辞めたい、というのは

正直配属2か月後から思っていました。

≫我慢する意味ある?会社辞めたいなら辞めてしまえ!わりとマジでそうしたほうがいいと思う理由

思っていたどころか、心に決めていました。

ただ、大学生のころに父親から、

なぜ若者は3年で辞めるのか」を渡され、

暗に、簡単に会社を辞めるなとのメッセージを貰ってました。

sponsored link

amazonコインを知らない人は損しているかも



モッピー!お金がたまるポイントサイト

場当たり的に辞めるのはよそう

ほんとに嫌な仕事でしたが、

場当たり的に辞めることだけは絶対に避けようと心に決めていました。

場当たり的に辞めるのは逃げであり、

その場は楽になるかもしれませんが、

あとあと自分の首が締まることは目に見えていました。

さらに、1年目で同棲、結婚をし、

2年目で妻が妊娠して産休で休職、

3年目で第一子が生まれ、と

養うものができたので、なおさらでした。

※独身実家住まいなら、会社を辞めても

ただ収入がなくなるだけであって

食ってはいけるので、

逃げで辞めても何とかなると思います。

※また、マジで追い詰まっているなら、

とりあえず辞めた方がいいと思います。

鬱になったり自殺したりするよりは100倍マシです。

会社を辞めるための周到で綿密なプランは今度書きたいと思います。

会社を辞めてよかったこと

会社を辞めて、有給消化含めて早2か月

サラリーマンとしての日常ではない生活をしています。

自営業ですので、

転職とはちょっと違いますが。

良かったこととしては、

起きたくないときは起きなくていい

サラリーマンの時は、

基本毎朝6時30分に起きて、

頑張って会社へ行くか、

勇気を出してずる休みするかを

決めないといけませんでしたが、

その必要はありません。

ゆるゆる8時台に起きても、

ちょっと遅く10時台に起きてもオッケーです。

気分が乗らない日は仕事をしなくていい

気分が乗らない日ってあると思いますが、

サラリーマンの時は

それでも出社して1日を消化するか、

それとも勇気を出してずる休みするか

の2通りでした。

が、サラリーマンを辞めてしまえば、

気分の乗らない日は仕事しなくていいです。

満員電車とおさらば

満員電車はよく考えたら奴隷船と一緒では?

と思い始めたのは入社3年目くらいでしたが

リメイクされた映画「ベン・ハー」で、

主人公が奴隷として櫂船

(帆ではなく、人力でオールをこぐ船)

の漕ぎ手

(100人くらいいて、船底ですし詰め)

を見て確信しました。


ベン・ハー 画像引用元:https://www.happyon.jp/

満員の通勤電車。これは、非人道的だわ、と。

高校時代から埼京線で通学していて

慣れきっていたのであれでしたが、

地方出身者とかは入社してまず驚くんじゃないか

と思います。

暑いし臭いし、痴漢冤罪リスクもあるし

最悪です。

が、この満員電車に乗らなくてよくなったのは幸せなことです。

≫会社を辞めたら当たり前だけど満員電車に乗らなくてよくなった

くだらない客とおさらば

くだらない客はどこにでもいます。

こういう客と付き合っていくのは、

精神衛生上よくないです。

たとえ給料がもらえても、

ストレスで体を痛めてしまっては

身も蓋もありません。

薄給より健康の方が大事です。

くだらない職場の人たちともおさらば

いい人たちもいますが、

くだらない人たちもいます。

職場のメンバーは仲間だと言いますが、

仲間は自分で選びたいものです。

押し付けられて同じ船に乗せられた仲間より

自分で選んだ仲間たちと一緒の方が、

グランドラインを目指せるんじゃないでしょうか。

子供との時間をめっちゃ取れる

子供ができても、

子供が起きる前に家を出て、

子供が寝た後に帰宅する。

休みの日は疲れてぐったり寝てしまう。

などとよく聞きますが、

良くも悪くも子供との時間はたっぷりとれます。

子供と一緒に過ごせることももちろんですが

マンツーマンの孤独な育児で疲弊する妻

の助けにほんのちょっとでもなれれば、

夫婦関係はうまくいきやすいと思います。

利益は全部ひとり占めできる

売上を立てて、経費を引いたら、

残りは全部自分のものです。

無駄に歳ばっか取ってる上司、

使えないおっさん、気分屋のお局様

に分配する必要なんてありません。

無駄なランチ代、サボりコーヒー代がなくなる

サラリーマンの昼休みの昼食代、

外回りサボり時のコーヒー代がかからなくなります。

1日なんだかんだ千円使っているとしたら、

2万円ちょっと余るようになるはずです。

会社を辞めて悪かったこと

もちろん、いいことばかりではありません。

まだ2か月ですけれど、

悪いことだってあります。

収入どうするの?どうやって生きていくの?

サラリーマンをするということは、

生活費を給料で稼ぐということです。

ですから、サラリーマンを辞めたら、

生活費をどうやって稼ぐのかを考える必要があります。

誰も助けてくれません。

貯金を取り崩すのか。

なにか新しいビジネスをするのか。

ここをしっかり考えていかないと、

収入ゼロの支出変わらずで毎月赤字。

いつか貯金食いつぶして破産。

ということになります。

場当たり的に辞めるのがまずい理由はここです。

しっかり考えてから行動しましょう。

でも、

べての信号が青になるのを待っていては

走り出す前に寿命が来て死んでしまいます。

身内の目がやばい

身内にしてみれば、

一部上場企業の子会社へ新卒入社し、

幹部候補生だなんだと言われれば

安泰そのものだし、

その人のステータスにもなります。

「うちの息子はどこそこに勤めていてさ」

とか

「うちの婿は」とか「うちの甥子は」とか。

こっちはあんたらのアクセサリーじゃないって

で、安定したサラリーマンを

辞めるとまるで気違いのように思われます。

 

血のつながった両親や祖父母は、

そういうことよりも、

自分自身で考えたことだし、

本人がやりたい事なんだからOK

本人が幸せならOK

と最終的に納得してくれますが、

姻族(嫁の親族)の理解を得るのは並大抵ではありません。

「そんなんでうちの娘を養えるのか」

「孫の幸せをどうしてくれるんだ」

姻族にしてみれば、可愛いのは娘と孫です。

よほどの人格者でもない限りは、

”婿は可愛い娘と孫に餌を運ぶATM”

という要素の方が強いです。

姻族から理解を得るのはあきらめましょう。

絶対に必要不可欠なのは妻の理解だけです。

運命共同体なのは親でも兄弟でも義両親でも

子供でもなく、妻だけですから。

そして、

成功すれば周りはあとから必ずついてきます。

周囲の説得に無駄な時間を費やすよりも、

まずは絶対成功させましょう。

大事なのは

”100の言葉より1つの実績”です。

まわりの目がやばい ご近所・子供のクラスメイトの親

やはり、サラリーマンじゃないというのは、

奇妙な目で見られます。

とくに、自営業なら保育園ですし、

ほんとに金持ちの会社経営者ならそれなりの

幼稚園に入れると思いますが、

普通の幼稚園に入れると、

「あれ?○○君のパパ、平日なのにあれれ?」

となります。

子供を平日の公園に連れて行っても、

「あれ?不審者?平日なのに?無職?」

的な目で見られます。

身なりには気をつけましょう。

まわりの目がやばい お出かけ先

子連れで家族みんなでお出かけに行くと、

気さくな店員さんは声かけをしてくれます(年配者におおい)

「あれ?今日パパ休みなのかな~?いいな~」

とか言ってくださるんですけれども、5歳の息子は

「違うよ!パパはずっと家にいるんだ!会社行ってないんだよ!」

「会社行ってないから、お金貰えないの!」

とか普通に悪気なく大きな声で言います。

店員さんの気さくな会話から一転、気まずい雰囲気が流れます。

身なりには気をつけましょう。

運動不足!太る!

日々の通勤だけでも、往復や客回りで歩いてましたが、

それがなくなります。

実際2か月で3キロ太りました。

適度な運動をしましょう。

≫会社を辞めて困ったこと。2ヵ月で+10%太った。このままではまずい。

結論・食っていければなんだっていい

結局、食っていけさえすればなんだっていいです。

法律に反しない限りは。

自分一人の力じゃ食っていけないから雇われになって

給料もらう人が労働者(プロレタリアート)なだけで、

なにかしらほかの手段で食っていけるなら、

なにもサラリーマンにならなくたっていいわけです。

で、自分一人の力で食っていけないなら、

サラリーマンという労働者になれば、

食ってはいけます。

食っていけるなら自信を持ちましょう。

amazonコインを知らなくて損してるかも

最大12,500円!アプリの購入やアプリ内科金がいつでもおトク

sponsored link

コメント

down

コメントする




Amazonコインなら、アプリ、ゲーム、およびアプリ内課金が最大25%おトク




sponsored link

PVアクセスランキング にほんブログ村
error: Content is protected !!